もっとよい暮らし

1Kってどんな間取り?ルームツアーで1K物件を見てみよう

一人暮らしの方が物件探しをするときに、1Kという間取りを目にすることがあるでしょう。同じ一人暮らし向けの物件でも、1Kとワンルームにはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、一人暮らしをする人がより自分の希望にあったお部屋を見つけられるように1K1ルームの違いについてご説明します。

また、1Kでよくある間取りや実際にマンションの中を確認できるルームツアーもご紹介しますので、ぜひ物件選びの参考にしてください。

1K1ルームは何が違う?  

一人暮らしの賃貸マンションには、1Kタイプと1ルームタイプがあります。1ルームとは、その名の通り1つの部屋のことで、キッチンが独立しておらず、部屋の中にキッチンがある間取りです。

一方、1Kとはキッチンと1つの居室で構成される間取りです。1ルームとは異なり、独立したキッチンがあり、キッチンと居室は扉などで仕切られています。

1Kのキッチンの広さは4.5帖未満であり、4.5帖よりも広いキッチンがある場合は1DKまたは1LDKになります。キッチンとの仕切りがあるかないかで1ルームと1Kは区別され、キッチンの広さによって1K1DK1LDKは区別されています。

また、1Kは居室のほかにキッチン部分の面積を確保しなければならないため、家賃はワンルームの物件に比べると高めになっていることがほとんどです。

1Kの間取りにはどんなものがある?

1Kは、1つの居室とキッチンの組み合わせですが、いくつかの間取りのパターンがあります。1Kの間取りについてご説明します。

1Kの特徴とメリット

1Kの間取りをご説明する前に、まずは1Kの特徴とメリットについてご紹介しましょう。

キッチンと居室に仕切りがある1Kの場合、玄関を開けてすぐに部屋の中が丸見えになってしまう心配はありません。そのため誰かが玄関先に訪れたときに部屋が汚れていたり、散らかっていたりしても、部屋の中が見えないため安心です。

また、料理をしたときの臭いが居室に流れ込み、いつまでも部屋に食べ物の臭いが充満するといったこともありません。

このような特徴から、1Kは単身者に人気が高く、一人暮らし向けの賃貸物件では最も多い間取りとなっています。

1Kの間取り

1Kには主に、次のような間取りの物件があります。

玄関から続く廊下部分にキッチンが設置されている

玄関を入るとすぐにキッチンがあり、廊下を挟んで反対側に浴室やトイレが設置されているパターンです。1Kで最も多く見られる間取りのタイプとなっています。

ワンルームと似た作りですが、キッチンと居室の間には扉が設置されているのが特徴です。キッチンからの臭いも防ぐことができ、来訪者に部屋を見られる心配もありません。

キッチン周辺に水回りが集められている

玄関を開けるとキッチンがあり、キッチンの周りに浴室や洗面所、トイレなどが集まっているタイプの間取りもあります。

このタイプの間取りはそれほど多くはありませんが、廊下がないために、廊下を挟んでキッチンと浴室が並ぶ間取りに比べて広々とした印象を与える間取りとなります。

玄関からすぐに居室があり、キッチンは奥にある

玄関からすぐの場所に居室があり、その奥にキッチンや浴室などが配置されている間取りもあります。居室を中心とした間取りになっているため、自宅でそれほど料理をしない方には向いているでしょう。また、玄関を開けたときにキッチンや食べ物の臭いがすることもないため、ドアを開けたときの臭いが気になる方にもおすすめです。

ロフトが設置されている

1Kの賃貸物件の中には、部屋を有効活用するためにロフトが設置されている物件もあります。ロフトタイプの物件では、キッチンは玄関からすぐの場所に設置されていることがほとんどです。

ロフトタイプの1Kの場合、一般的に居室の面積は狭く、ロフト部分を就寝スペースとして使ったり、収納スペースとして使ったりするケースが多くなっています。

ルームツアーで1Kの物件を見てみよう

1Kと1ルームの違いや、1Kの間取りなどについてご説明してきましたが、実際に1Kの物件を目にした方が1Kの間取りを把握しやすいでしょう。

エニレントでは、スマホで内見と同じように賃貸物件の室内を見学できるルームツアーをご用意しています。動画を見れば、1Kの間取りの特徴をより把握しやすくなるでしょう。また、複数の1Kのマンションを比較できるため、自分の理想的な間取りやお部屋の雰囲気も見つけやすくなります。

ぜひ、anyrentのルームツアーで1Kの間取りを確認してみてください。

anyrentのルームツアーはこちらからご利用いただけます。

まとめ

1Kとは、キッチンと居室が仕切られているタイプの間取りです。学生や若い社会人などを対象としたコンパクトな作りのマンションで、単身世帯に最も人気のある間取りです。

多くの1Kマンションの場合、キッチンと居室の間に扉があるため、来訪者に部屋の中を見られる心配はありません。また、キッチンの臭いが部屋の中に広がることも防げます。

1Kマンションが気になるようであれば、anyrentのルームツアーを利用してお部屋の中をのぞいてみてはいかがですか?