第二階層カテゴリ名

フリーレントとは?メリットや物件の探し方を紹介

賃貸物件を探している時には、フリーレントという単語を目にすることもあるのではないでしょうか。フリーレントとは、家賃が一定期間無料になる契約形態を指します。無料と聞くと、「古い物件なのかな」「不便な場所にあるのかな」と思ってしまうかもしれません。しかし、フリーレントはうまく利用すれば初期費用を抑えられる便利な制度です。本記事では、フリーレントの概要やフリーレント物件のメリット・デメリット、フリーレント物件を選ぶ際のポイントをご紹介します。

フリーレントとは

フリーレント物件とは、入居後、一定期間家賃が無料になる物件です。賃貸借契約書に追加されたフリーレントに関する条件を守ることで、家賃が無料になります。たとえば、「フリーレント期間の終了後も決められた期間住み続ける」などが一般的です。フリーレントになる条件を守れなかった場合は、無料にならなかったり、違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

家賃が無料になる期間

家賃が無料になる期間は、数日~2ヶ月など物件ごとに異なります。たとえば、以下のような計算となります。

・入居日から1ヶ月分の家賃を無料にする

・入居日から月末まで日割りした家賃を無料にする

・入居月から2ヶ月分の家賃を無料にする

家賃が無料になる理由

ではなぜ、家賃を無料にしてくれる物件が存在するのでしょうか。それは、不動産会社や大家さんにとってもメリットがあるからです。たとえば、しばらく空室が続きそうな物件の場合、家賃を無料にすることで入居者を入りやすくします。空室が続くと家賃収入がなくなってしまうため、最初の12ヶ月は家賃を無料にしても入居者が入る方が良いという考え方です。

また、家賃を下げるよりもメリットが大きいとされています。家賃を下げてしまうと、同じ物件で他の部屋を借りている人から不満が出る可能性があります。他の入居者も同様に値下げしてしまうと、家賃収入が大幅に減ってしまいます。その点、フリーレントであれば最初の12ヶ月を無料にするだけなので、家賃を下げずにお得なことをアピールできます。

フリーレント物件のメリット

ここでは、入居者側のメリットについてご紹介します。

初期費用が抑えられる

フリーレント物件は、入居後、数日~2ヶ月の家賃が無料になるため、初期費用を抑えられます。一般的な賃貸物件では、初期費用として以下のような費用が必要となることが多いです。

・敷金

・礼金

・仲介手数料

・入居日から月末までの日割り家賃・日割り共益費

・前払い家賃と共益費

・保証料(保険会社を利用する場合)

こうした初期費用に十数万円~数十万円必要になるため、引っ越し時の大きな負担となります。しかしフリーレント物件なら、日割り家賃や前払い家賃が不要になるため、初期費用を大幅に抑えられます。

二重家賃が発生しにくい

フリーレント物件は、二重家賃が発生しにくいのもメリットです。引っ越しのタイミングによっては、現在入居している物件と新しい物件とで二重家賃が発生する可能性があります。

現在入居している物件の契約期間とフリーレントで家賃が無料になる期間にもよりますが、二重家賃が発生しないようタイミングを調整することができるでしょう。そのため、経済的にも心理的にも負担が軽くて済みます。

フリーレント物件のデメリット

フリーレント物件はメリットが多くありますが、デメリットもあります。ここでは、デメリットについてご紹介します。

一定期間の解約には違約金が必要な場合が多い

フリーレント物件では、一定期間内に解約すると、違約金が必要になるケースがあります。契約で定められた期間が満了する前に退去した場合、フリーレント期間分の家賃支払いが発生するケースがあるため、契約内容をしっかり確認しましょう。

管理費や駐車場代などの費用を確認する

フリーレント物件で無料の対象となるのは家賃だけで、共益費や管理費、駐車場代は対象外となっているケースも多いです。フリーレントの期間中でも、どのような費用が発生するのかあらかじめ確認しておきましょう。

フリーレント物件を選ぶポイント

フリーレント物件を選ぶ際には、以下のポイントをチェックしましょう。

周辺相場と家賃を比較しよう

フリーレント物件は、大家さんや不動産会社が早く次の入居者を見つけたい場合に設定されることが多いため、物件自体には問題ないことがほとんどです。しかし、中には駅から遠かったり、築年数が古かったりなど、次の入居者が見つかりにくい条件がある可能性があります。また周辺相場よりも家賃が高い可能性もあるため、近隣物件の家賃も確認しておきましょう。

初回の家賃の支払い日を確認する

フリーレント期間が設定されている場合でも、最初の家賃は入居時に払う場合もあります。そのため、初回の家賃支払い日はいつになるのか確認しておきましょう。

まとめ

フリーレント物件は、一定期間家賃が無料になるため、初期費用を大きく抑えることができます。初期費用を抑えたい、二重家賃を抑えたい人におすすめの物件です。選ぶ際には周辺相場と比較したり、初回の家賃支払い日を確認したりしておきましょう。