第二階層カテゴリ名

1人暮らしにかかる初期費用はどれくらい?内訳を紹介

初めて1人暮らしをする場合、何にどれだけのお金が必要なのか分からず、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。初めて1人暮らしをする場合、大切なのは初期費用がどれだけ必要なのか知ることです。買いそろえるものも多いため、前もって十分な資金を用意しておかないと、経済的に余裕のない事態に陥る可能性があります。本記事では、1人暮らしに必要な初期費用の種類や初期費用を節約するコツなどをご紹介します。

1人暮らしにかかる初期費用の種類

1人暮らしを始めるための初期費用は、平均約50万円とされています。これは、住宅の初期費用と引越し費用、生活用品費用を合わせたものです。それぞれ詳しくご紹介します。

住宅の初期費用

賃貸物件を借りる際には、賃貸契約時にまとまった金額が必要です。一般的な初期費用は、この賃貸契約時に必要な費用を指します。契約内容によっては不要な項目もありますが、具体的には以下の費用が必要です。

・敷金・礼金 家賃約1~2ヶ月分

・仲介手数料 家賃約1ヶ月分

・前家賃 契約月の日割り家賃+翌月分の家賃

・保証会社利用料 初回契約時 家賃 0.5~1ヶ月分

・火災保険料 毎年約4,000~10,000円

敷金・礼金

敷金は、家賃が払えなくなった際に補填したり、部屋を傷つけた際の修繕に充てるため、部屋を借りる人や大家さんに預ける必要があります。預けるお金のため、家賃の滞納がなかったり、原状回復費用が必要なかったりする場合には、返却してもらえる可能性があります。

礼金は大家さんに対して、「お礼」という意味を込めて前払い金として支払うものです。前払い金のため、返却されることはありません。

仲介手数料

不動産会社に、部屋の提案や内見の対価として支払う費用です。一般的には、部屋を貸す大家さんとは直接やり取りをせず、不動産会社が間に入るのがほとんどです。そのため、ほぼすべてのケースで発生する費用となります。

前家賃

部屋の契約月の翌月1ヶ月分の家賃を前もって支払う費用となります。

保証会社利用料

連帯保証人や保証人の代わりとなる保証会社を利用するために必要な費用です。地域によっては、連帯保証人や両親が連帯保証人になることで不要になる場合もあります。

火災保険料

火災保険に加入するために必要です。火災保険は、火災や水漏れ、地震などによって、部屋や家財道具が被害を受けた際に備えて加入する保険です。

引越し費用

物件探しが完了したら、引越しの手段について考える必要があります。引越し費用は、自分で荷物を運び入れるか、引越し業者に頼むかによって大きく金額が異なります。また荷物の量によっても変わりますが、26万円程度は必要でしょう。引越し業者に依頼する際には、できるだけ複数の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

生活用品費用

引越しの準備と同時に、新居で必要なものをリストアップ・購入しておきましょう。初めての1人暮らしの場合は、家電や家具、日用品などを買いそろえる必要があります。冷蔵庫、洗濯機、ベッドなど自分にとって必須なものから、そろえていきましょう。

1人暮らしの初期費用を節約するコツ

ここでは、1人暮らしの初期費用を抑えるコツをご紹介します。

初期費用が安い物件を選ぶ

物件の中には、敷金礼金や仲介手数料がゼロの物件もあります。またフリーレントという、家賃が12ヶ月間無料の物件なども存在します。初期費用を大幅に抑えられるので、チェックしてみましょう。

家具家電の入手方法を工夫する

家具家電は、すべて新品で購入するよりも、リサイクルショップなどを利用することで費用を抑えられます。また、友人や知人から譲ってもらったり、家具家電付きの物件を選ぶなどの方法もあります。

当面の生活費も準備しておこう

1人暮らしを始める際には、初期費用だけでなく、当面の生活費も準備しておくと安心です。総務省の統計によると、単身世帯の生活費の目安は以下の通りです。

単身世帯の生活費の目安

ここでは総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編) 2020年 」を基に、単身世帯と2人世帯の月々の生活費とその内訳をご紹介します。

項目 月平均額
消費支出 155,046円
食料 38,410円
外食 7,324円
住居 22,116円
光熱・水道 11,383円
家具・家事用品 5,687円
被服及び履物 4,606円
保健医療 7,625円
交通・通信 18,856円
教養娯楽 17,106円
その他の支出 29,251円

出典:総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編) 2020年」単身世帯

e-Stat「家計調査2021(表番号1)」

消費支出はいわゆる生活費のことです。日常生活に必要な商品やサービスを購入して支払った金額となり、支出の目的によって食費、住居費、水道光熱費などに分けられています。しかし、消費支出には仕送り金や贈与金、自動車所得税なども含まれているため、個々の項目を合計したものとは違った金額になるので注意が必要です。

そのため、細かく計算をしたいのであれば自身に必要な項目の平均値を見ることをおすすめします。

まとめ

1人暮らしをするには、さまざまな初期費用が必要になります。まずは自分がどれだけの費用が必要になるのか計算し、できるだけ節約できる方法を考えてみてはいかがでしょうか。