第二階層カテゴリ名

保証人不要の賃貸物件とは?メリット・デメリットを解説します

一般的に、賃貸物件を借りる際には保証人が必要です。しかし近年では、保証人自体が不要になるケースも増えてきました。保証人は、契約者が家賃を払えなくなった際に代わりに家賃を支払う義務を負う人ですが、なぜ不要な物件があるのでしょうか。本記事では、保証人不要の賃貸物件が存在する理由や、保証人不要の物件のメリット・デメリットなどを解説します。

保証人不要の賃貸物件もある

そもそも保証人とは、契約者が家賃を滞納した際に、代わりに家賃を支払う義務を負った人のことを指します。契約者本人に継続的な収入がある場合でも、事故や病気などで突然家賃が払えなくなるケースもあります。そんな万が一の事態に備えて保証人を立てておくことで、大家さんも安心して賃貸契約を結ぶことができるのです。

しかし近年では、高齢者単身世帯の増加や人間関係の希薄化などさまざまな理由から、保証人を立てられないケースも増えてきたとされています。そのため、近年では保証人不要の賃貸物件も増えてきました。

保証人が不要になるケース

保証人が不要になるには、条件がついているケースも多いです。ここでは、保証人不要となる主なケースについてご紹介します。

家賃保証会社と契約するケース

最も多いのが、保証人ではなく家賃保証会社と契約するケースです。家賃保証会社は、家賃を滞納した場合に家賃を立て替えて払ってくれます。しかし、契約者自身の支払い義務はあり、保証会社への返済が必要です。

契約期間が短期のケース

短期賃貸マンションなど、短期間の契約となる場合は保証人不要のケースが多いです。転勤、研修、長期出張など、期間の決まっている場合に用いられます。

物件管理会社や仲介会社と契約する

物件管理会社や仲介会社が保証人代行となるケースも、保証人は不要です。

保証人不要の賃貸物件のメリット

ここでは、保証人不要の賃貸物件のメリットについてご紹介します。

賃貸物件が借りやすい

自分で保証人を探さなくても良いため、賃貸物件が借りやすいのが大きなメリットです、保証人を依頼するとなると、場合によっては「受ける、受けない」でトラブルになるケースもあります。保証人不要であれば、こうした人間関係のトラブルが起きないので安心です。

契約手続きが簡単

保証人不要の物件は、保証人をお願いしたり、書類を揃えたりする手間を省けます。保証人を立てる場合は、保証人の押印や印鑑証明書などが必要です。しかし、準備するための書類を発送してもらうまでの時間によっては、手続きに時間がかかってしまう可能性があります。保証人不要ならこうした手間をすべて省けます。

さまざまな事情があり、保証人を頼める人がいない人や、両親が遠方に住んでおり書類を揃えるのが大変という人にとっても大きなメリットでしょう。

保証人不要の賃貸物件のデメリット

保証人不要物件はデメリットもあるため、借りる際には注意が必要です。ここでは、デメリットについてご紹介します。

不人気物件の可能性がある

保証人不要物件は、なかなか借り手がつかない不人気物件の可能性があります。立地、間取り、周辺環境、事故物件などの理由から、なかなか借り手が見つからない物件を、保証人不要物件として扱っている場合があります。そのため、「なぜこの物件が保証人不要なのか」を疑問に思ったら、きちんと確認することをおすすめします。

保証会社の利用が義務付けられる場合もある

保証人不要と記載があっても、家賃保証会社との契約を義務付けているケースも多々あります。家賃保証会社を利用する場合、家賃とは別に保証料がかかります。そのため、金銭的負担が増えるのが大きなデメリットでしょう。また、家賃を滞納した際に、速やかに返却しないと督促を受けたり、信用情報に傷がついたりしてしまう可能性もあります。

保証人不要の賃貸物件を選ぶ際の注意点

ここでは、保証人不要の賃貸物件を選ぶ際の注意点をご紹介します。

どんな条件が設けられているのか確認する

保証人不要物件は、保証人が不要になる代わりに条件が設けられているケースもあります。たとえば、短期しか契約できない物件だったり、家賃保証会社との契約が義務付けられていたりなどの条件があります。そのため、契約前にはどんな条件が設けられているのか、しっかり確認しておきましょう。

物件の詳細を確認する

保証人不要物件の中には、不人気物件もあります。駅から遠い、線路の傍などの周辺環境のほか、事故物件である可能性もあります。こうした物件は、入居希望者が少ないため、保証人不要にすることで、空室を埋めやすくしているのです。そのため、なぜその物件が保証人不要なのかを確認することも大切です。

まとめ

保証人不要の物件は、手続きを簡素化できるなどのメリットもありますが、同時にデメリットもあります。家賃保証会社と契約する場合には、保証人必須の物件よりも費用がかかるケースも考えられます。そのため、何らかの事情があって保証人不要の物件以外探せないという人以外は、保証人が必要な物件と比較してから部屋探しをすることをおすすめします。