第二階層カテゴリ名

平米ってなに?意味や必要な面積の目安を紹介

賃貸物件を探す際に、広さを重視する人も多いと思います。「平米」は広さを表す単位の一つです。しかし、普段あまり使わない人は、広さのイメージがしにくいのではないでしょうか。本記事では、平米の概要や快適な暮らしに必要な面積の目安、平米をチェックする際の注意点をご紹介します。

平米とは

平米とは、「平方メートル」「㎡」と表記されることが多く、国際的にも使用されている面積の単位の一つです。1平米は「縦1m×横1m」の広さを表します。日本では、mのことを「米」と表示していたことから、今でも平米という表記が使われることがあります。

平米の他の単位

不動産業界では、平米の他にもさまざまな単位が使用されています。特に使用されることの多いのが「畳」です。畳はその名の通り、畳の枚数で表される広さです。平米数に換算すると、「1=1.62平米以上」となります。ただし、地域によって畳の大きさが微妙に違うので注意が必要です。

種類 1畳あたりの平米数 主な地域
江戸間 約1.55平米 東日本
中京間 約1.65平米 東京、中部地方、北陸地方
京間 約1.82平米 関西地方、中国地方
団地間 約1.45平米 全国の公団住宅、集合住宅

地域によって最大0.4平米ほど違いがあるため、引っ越しによって別の地域に行く人は注意しましょう。

暮らしに必要な面積の目安

快適な暮らしをするためには、どのくらいの面積が必要なのか、気になっている人も多いと思います。ここでは、居住人数別のおすすめの平米数をご紹介します。

国土交通省の資料によると、世帯人数別に最大限必要な面積(最低居住面積水準)と、快適にゆったりと過ごせる広さ(誘導居住面積水準)は、以下のようになっています。

必要な面積(平米)
単身 2人世帯 3人世帯 4人世帯
最低居住面積水準 25 30 40(35) 50(45)
誘導居住面積水準(都市型) 40 55 75(65) 95(85)
誘導居住面積水準(一般型) 55 75 100(87.5) 125(112.5)

※( )は35歳児が1名いる場合

出典:国土交通省「住生活基本計画における「水準」について」

都市型は、「都市部においてマンションやアパートなどの集合住宅で生活する場合」、一般型は「郊外などにおいて主に一戸建てで生活する場合」の水準とされています。賃貸物件を借りる際には、最低居住面積を確認してみてはいかがでしょうか。

また子供がいる場合は、ある程度のスペースが必要となるでしょう。参考資料では、3

5歳児が1名いる場合の水準は狭く設定されていますが、子供が大きくなったら引っ越すのか、子供が大きくなってもそこに住むのかによっても異なります。子供部屋を設置する場合、ある程度の広さがないとベッドや勉強机を置いたらほとんどスペースがないことも考えられます。大人だけなら少し狭くでも我慢できますが、子供がいる場合は最低居住面積水準ではなく、誘導居住面積水準を確保することをおすすめします。

面積と間取りの目安

物件によって間取りごとの面積は異なりますが、一般的な最低居住面積水準と間取りの目安は以下の通りです。

・25平米:1R、1K

・30平米:広めの1R~2Kまで

・40平米:1LDK~2DKが多め

・50平米:2LDKが多めだが、3DKなども該当する

該当する物件によって間取りが異なるため、間取り図と広さを確認することを忘れないようにしましょう。

平米をチェックする時の注意点

平米をチェックする際には、専有面積についても知っておきましょう。部屋の面積を確認していると「専有面積」と表記されているケースがあります。専有面積とは、部屋や物件の所有者または借主が専有しているスペースの面積を指します。廊下などの共用部を除いた、単独で所有する部分です。この専有面積の含む部分と含まない部分の目安は以下です。

専有面積に含む 専有面積に含まない
居室 ベランダ
収納スペース バルコニー
クローゼット ロフト
風呂 床下収納
トイレ 玄関ポーチ
キッチン

ベランダやバルコニーは、基本的には単独で使用しますが、法律上では共有スペースとなっています。また、ロフトは部屋の中にありますが専有面積には含まれないので注意しましょう。たとえば、専有面積30平米と書かれているロフト付きの物件がある場合、ロフトは専有面積に含まれていません。そのため、実際に見に行くと30平米より広く感じる場合があります。ロフト付き物件の場合、不動産会社によっては「専有面積○平米+ロフト○平米」と分かりやすく表記しているケースもあるので、チェックしてみましょう。

同じ専有面積同士の物件を比べるのであれば、ベランダやバルコニー、床下収納などの設備が付いている方が、広い物件ということになります。

まとめ

平米は、物件の広さを表す単位の一つです。間取り図などでは、畳数と同様にメジャーな単位ですので、覚えておくことをおすすめします。また、国土交通省などでは、世帯人数ごとの快適に過ごせる平米数の目安などを公開しているので、悩んでいる人は参考にしてみてはいかがでしょうか。