第二階層カテゴリ名

テレワーク向けの賃貸とは?快適な空間を確保するポイントを解説

近年、テレワークを導入する企業が急激に増加しました。中には完全在宅勤務で滅多に出社することがなくなった人も多く、テレワークに適した環境を求める人が増えています。もし家族と暮らす場合は、部屋割りやスペースなどを考える必要もあるでしょう。本記事では、テレワーク向けの賃貸物件を探すポイントや快適な空間を作るコツ、部屋数を増やせない時の空間作りについてご紹介します。

テレワーク向けの賃貸物件を探すポイント

テレワークはこれまでとは違った働き方のため、どういったポイントを重視して賃貸物件を探せばいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ここでは、テレワーク向けの賃貸物件を探すポイントをご紹介します。

駅の近くである必要はない

これまで賃貸物件を選ぶ際には、通勤のことを考えて、駅の近くを選ぶ方も多かったと思います。しかし、テレワークが多いのであれば通勤回数が減るので、無理に駅に近い物件を探さなくても良いでしょう。駅から離れた物件は、一般的に家賃が安くなります。そのため、同じ予算でもより条件の良い物件を探すことができるでしょう。

部屋数を増やす

テレワークをするなら、できるだけ仕事部屋となる部屋を作ることが大切です。ワンルームの場合、生活空間の中に仕事スペースを作らなくてはいけないため、オンライン会議の際に部屋の中が映ってしまう可能性があります。また、家族やペットがいる場合、「子どもやペットがカメラに写ってしまった」などのアクシデントが起こる可能性があります。そのため、専用の仕事部屋があるのが理想的です。

インターネット環境を確認する

テレワークの場合、インターネット環境もチェックしておきましょう。引っ越し後にすぐテレワークに移行したいのであれば、すぐにインターネットを使える環境の方が良いでしょう。

賃貸物件の中には、インターネットの利用料金が無料の物件もあります。こうした物件なら、毎月の料金を節約できます。ただし、インターネット無料の物件は、通信速度が遅かったり、プロバイダを自分で選べなかったりします。通信速度が遅いとテレワークに影響が出てしまう可能性があるため、必要に応じてモバイルルーターなどの利用も検討してみましょう。

天井の高さをチェック

テレワーク用の快適な空間を作るには、天井の高さもチェックしましょう。天井が低い部屋の場合、長時間過ごすと圧迫感を感じてしまいます。ストレスが溜まると毎日の仕事に影響を与えてしまう可能性があるため、天井の高い物件を選びましょう。

防音性が高いか

生活音や外の騒音が聞こえてくると、仕事に集中できない可能性があります。また、オンライン会議などの音声が隣室や外に漏れないかも重要です。そのため、防音性が高い賃貸物件を選ぶことも大切です。一般的に防音性が高いとされているのは、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)や鉄筋コンクリート造(RC造)です。条件に合うのであれば、防音性の高い物件を探してみましょう。

快適な空間を作るコツ

テレワークをするのに快適な空間にするためには、生活空間とはまた違ったコツが必要です。ここでは、テレワーク用の空間を作るコツをご紹介します。

窓側に机を配置する

机を窓側に向けて配置することで、自然光が入るので手元が明るくなります。外が気になる場合は、ブラインドなどで視界と明るさを調整するのがおすすめです。

手が届く範囲に収納スペースを確保する

テレワークをするようになると、自宅に物が増えがちです。そのため、効率的に仕事をするために、手の届く範囲に必要なものを置けるように収納スペースを確保しましょう。普段よく使用するものを、椅子から立ち上がらなくても手に取れれば、作業効率を高められます。

部屋数を増やせない場合の空間作り

予算などの関係で、部屋数を増やせない場合もあります。その場合でも、仕事の効率が落ちないような空間を作る必要があります。ここでは、部屋数を増やせない場合の空間作りのポイントをご紹介します。

ワークスペースを他の場所で確保する

仕事用の部屋が確保できない場合は、ワークスペースを他の場所で確保することも大切です。たとえば、寝室やリビングの一角を区切ることで、ワークスペースとして活用できます。寝室なら、比較的静かな空間で作業を行えます。リビングであれば、家族の様子を見ながら仕事をするのに向いています。

パーテーションを活用する

パーテーションがあるだけで、集中して作業する空間を作るのに役立ちます。パーテーションには、デスクの上に置いて使える簡易的なものから、キャスター付きの本格的なものまで種類が豊富です。部屋のスペースや環境に応じて最適なものを選びましょう。

まとめ

近年ではテレワークが一般的となり、テレワーク用の空間を重視した物件探しをする人も増えているでしょう。通勤を考えた物件探しとは条件が異なりますので、テレワークに合わせた物件を選ぶようにしましょう。また、実際に仕事をすることを想定し、快適な空間が作れるかどうか確認することも大切です。