第二階層カテゴリ名

コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件のメリット・デメリットを解説

コンクリート打ちっぱなし物件は、一般的な家とは違った雰囲気があり、人気があります。しかし、コンクリート打ちっぱなしには、メリットもあればデメリットもあります。入居後に後悔しないためも、コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件の特徴について知っておきましょう。本記事では、コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件の概要やメリット・デメリット、選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件とは

コンクリート打ちっぱなしとは、タイルや壁紙などを貼らず、コンクリートがむき出しになった状態のことを指します。外壁か内側のいずれか一方、もしくは両方の壁で用いられます。

多くの建造物では、外壁にタイルを貼ったり、塗装をしたり、内側には壁紙を貼ったりします。コンクリート打ちっぱなしは、こうした施工をせずにコンクリートがむき出しとなっています。むき出しといっても、表面はなめらかな状態に加工されています。また木目調のものや曲面が取り入れてられているものもあり、デザイン性に優れているのが特徴です。

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件のメリット

ここでは、コンクリート打ちっぱなし賃貸物件のメリットについてご紹介します。

柱がいらないので空間を広く取れる

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件は、柱ではなく壁で建物を支えているため、間取りや部屋の広さを自由に決定できるのが特長です。一般的な建物の場合、壁だけでは支えきれないので、柱を多く必要とします。コンクリート打ちっぱなし物件は、強度の高いコンクリートで作られているため、柱を必要としません。そのため、柱の位置を考えず、広々とした空間を設計することができます。

防音性が高い

コンクリートは、音を通しにくい性質があるとされており、防音性が高いのが特徴です。外からの音が聞こえにくかったり、隣人の生活音が聞こえにくかったりなどのメリットがあります。

耐火性が高い

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件は、耐火性が高いのも特徴です。木造と比べて、コンクリート物件は下端に燃えることはありません。また、その分火災保険料も比較的安く抑えられます。ただし、外壁がコンクリート打ちっぱなしでも、内壁がそうではない場合は注意しましょう。床や壁、天井などの内装が燃えやすい素材の場合、あまり耐火性は高くない可能性があります。

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件のデメリット

コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件は、開放感があり、デザイン性が高いなどのメリットがある一方で、デメリットもあります。ここでは、コンクリート打ちっぱなし賃貸物件のデメリットをご紹介します。

外気の影響を受けやすい

コンクリートは熱伝導率が高いため、夏は暑く、冬は寒くなりやすいとされています。特に外壁と内壁の両方がコンクリート打ちっぱなしになっている場合、外壁と内壁の間に断熱材が入っていない場合があります。そのため、外気の影響を受けやすくなります。夏は熱がこもりやすく、冬は暖まりづらいので、光熱費がかさみやすいでしょう。

湿気でカビが生えやすい

コンクリートは吸水性が高いですが、速乾性はないとされています。そのため、部屋の内部に湿気がこもりやすくなってしまいます。結露が出やすいため、カビが生えやすいのがデメリットといえます。また、クローゼットの中までコンクリート打ちっぱなしになっている物件もありますが、衣類がカビやすいので注意が必要です。

家賃が高めに設定されている

コンクリート打ちっぱなしの賃貸物件は、他の工法の物件と比較して家賃が高めに設定されていることが多いです。これは、コンクリート打ちっぱなしの仕上げ工法には、高い技術が必要とされるためです。建設費用が高いため、家賃も高くなる傾向にあるのです。

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件を選ぶ際のポイント

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件を選ぶ際には、以下のポイントをチェックするのがおすすめです。

外壁の状態を確認する

コンクリート打ちっぱなし物件の外壁は、雨風や紫外線の影響で劣化しやすいとされていいます。定期的なメンテナンスを行わないと、ひび割れ、シミ、汚れなどができてしまう可能性があります。ひび割れは放置していると、雨漏りにつながってしまいます。そのため、内見時には外壁の状態を確認し、きちんとメンテナンスされているかチェックしましょう。

断熱対策がされているか

断熱対策が施されている物件がどうかの確認も大切です。賃貸物件の場合、一般的に、入居後に内装を変えることはできません。自分で断熱対策を施すことができないため、最初からしっかり断熱対策が施されている物件を選びましょう。

エアコンの製造年を確認しよう

コンクリート打ちっぱなし物件は外気の影響を受けやすいため、エアコンは必須とされています。そのため、各部屋にエアコンが設置されているかと製造年を確認しましょう。古いエアコンは稼働するまでに時間がかかったり、光熱費が高くなったりする可能性があります。

まとめ

コンクリート打ちっぱなし賃貸物件は、デザイン性が高く開放感があります。見た目はとてもおしゃれですが、外気の影響を受けやすかったり、カビが生えやすかったりなどのデメリットもあります。メリットとデメリットを理解した上で、物件選びをすることをおすすめします。