第二階層カテゴリ名

ユニットバスは便利?メリット・デメリットをご紹介します

賃貸物件におけるユニットバスとは、浴室とトイレが一緒になっているタイプを指します。浴室とトイレが一緒の物件は、一般的に別々になっている物件よりも家賃が安く設定されています。しかし、ユニットバスを使ったことがない人は、ユニットバスのメリットやデメリットについて気になるのではないでしょうか。本記事では、ユニットバスの概要やメリット・デメリット、ユニットバスがおすすめの人などをご紹介します。

ユニットバスとは

賃貸物件におけるユニットバスとは、浴室とトイレ、洗面台が一緒になっているバスルームのことを指す場合が多いです。ただし正確には、防水仕様の床、壁、天井が成形され、現地で組み立てられた浴室のことを指します。そのため、浴室とトイレが別でもユニットバスと呼ぶこともあります。

浴室と洗面台が一緒のタイプを2点ユニットバス、浴室と洗面台、トイレが一緒のタイプは3点ユニットバスと呼ばれています。賃貸物件の場合は、3点ユニットバスのことをユニットバスと呼ぶことが多いですが、2点ユニットバスのこともあります。そのため、ユニットバスと表記がある場合は、どのタイプのユニットバスなのか間取りを確認しましょう。

ユニットバスのメリット

ユニットバスの物件のメリットには以下が挙げられます。

家賃が安いケースが多い

ユニットバス物件は、浴室、トイレ別の物件と比較して仕切り部分の面積が少ないため、家賃が安いケースが多いです。地域や物件の立地などでも異なりますが、ユニットバスの物件はバス、トイレ別の物件よりも、数千円程度安くなる傾向にあります。

掃除が楽

ユニットバスは、床、壁、天井が一体となっているため継ぎ目がない構造です。すべてが濡れても問題ない構造となっているため、入浴のついでに全体を洗うこともできます。

他の部屋を広く取ることができる

ユニットバスの物件は、浴室、トイレ別の物件よりも場所を取らないので、他の部屋を広く取ることができます。

断熱性が高い

ユニットバスは、あらかじめ組み立てられたシステムを、物件の所定の位置に設置するものです。構造として壁の中にもう一枚壁があるような状態のため、断熱・保温効果が高いのが特徴です。そのため、冬場でも温かい傾向にあります。

ユニットバスのデメリット

ユニットバスにはメリットもある一方で、デメリットもあります。ここでは、ユニットバスのデメリットについてご紹介します。

湿気がこもりやすい

ほとんどのユニットバスは窓がない構造となっているため、湿気がこもりやすくなります。そのため、換気扇を常に稼働させておくなど対策をしていないと、カビなどが発生しやすくなる可能性があります。

お風呂とトイレを同時に使えない

ユニットバスは、お風呂とトイレを同時に使うことができません。一人暮らしなら気にならないかもしれませんが、同居している人がいる場合や来客があった場合には、不便に感じるでしょう。また、来客がトイレを使う際には浴室まで見られてしまうことになります。

浴槽の中で体を洗わなくてはいけない

ユニットバスは、体を洗うスペースがないため、浴槽の中で体を洗わなくてはいけません。そのため、浴槽にお湯を溜めるには、1回体を洗った後に再び浴槽から出て溜める必要があります。また床を濡らさないように、シャワーカーテンを使う必要もあり、慣れないとストレスが溜まる可能性もあるでしょう。

 ユニットバスがおすすめの人

メリットもデメリットもあるユニットバスですが、どんな人が向いているのでしょうか。たとえば、以下の条件に当てはまる人には向いているといえるでしょう。

家賃を抑えたい人

ユニットバスは、バス、トイレ別の物件と比較して家賃が安い傾向にあります。そのため、家賃をできるだけ抑えたい人には向いているでしょう。家賃が安い分、駅からの距離や築年数など、他の条件にこだわることができます。

シャワーで済ませることが多い人

ユニットバスは、浴槽にお湯を溜めるにはあまり適していないため、シャワーで済ませる人に向いているでしょう。体を洗うスペースが浴槽の中しかありませんが、シャワーだけであれば広さの面で困ることは少ないでしょう。

掃除をまとめて済ませたい人

ユニットバスは風呂掃除とトイレ掃除をまとめてできるため、掃除をまとめて済ませたい人におすすめです。床面がバスルーム用の素材になっているため、洗面台もトイレもシャワーで一気に流すことができます。

まとめ

賃貸物件におけるユニットバスは、浴室とトイレ、洗面台が一緒になったタイプの部屋を指すことが多いです。ユニットバスの物件は、それぞれが独立している物件よりも家賃が安い傾向にあり、掃除を一度に済ませることができるのがメリットです。ただし、浴室とトイレを同時に使えなかったり、湿気がこもりやすかったりなどのデメリットもあります。メリットとデメリットを比較して、自分に合った物件を選んでみてはいかがでしょうか。